メイクセラピー・美肌洗顔・レイキ・カウンセリングetc.様々な手段を駆使してあなたの魂が他の魂と「共鳴」するレベルを目指し開放していきます。体(顔)・心・魂・エネルギーを調和へ導きミラクルな日常へシフトしたい人の場所→http://sei.sunnyday.jp/
感情って、自分の反応なのね
 とっても分かりやすいので、ぜひマスターしてみてね♪
世界が変わりますよ♪


まどかさんのブログより
http://ameblo.jp/nemotomadoka33/entry-10834730645.html

---一部転載

みんなね、感情って「人のせい」だと思ってるみたい。
誰かがこんな発言をするから、
あの人がこういう行動をするから、
あの人が悪いから、
自分はこんな感情を持つんだ、
そして、それは当然なんだ、って思っているんじゃないかな。


でも、感情って、自分の反応なのね。
誰のせいでもないの。
わたしたちひとりひとりの中には、
生まれてきてからこれまでに
ちゃんと処理されきれなかった感情がたまっていて、
それが、「痛みのからだ」として、
わたしたちの心の中にあるのね。
そして、そこに触れるものに、反応して
感情が噴き出してくるの。



それからね、
こういうものには怒りを感じるのが当然、
こういうものには悲しみを感じるのが当然、
っていうようにね、
ある、植え付けられた考え方から、
反応として、感情を選んでいる場合もあるのね。



だから、本質的には、感情は自分で選んでいる
っていえるんだけど、
だからといって、「自分のせい」って
考えるのも、またちょっと違うのね。

感情を選ぶ自由は、わたしたちにあるんだけど、
「痛みのからだ」は、子どもの頃から、
しらずしらずの間に、つくられてきてしまったから。
誰のせいともいえないの。


ただね、わたしたちには、
「新しく選択することができる」
っていう、自由があるのね。

自分で感情を、選ぶことができるの。

----転載・ここまで

全文はコチラをどうぞ
http://ameblo.jp/nemotomadoka33/entry-10834730645.html


生き方 | comments(0)
坂の上の広場で(歌)
 友人から教えて貰いましたが、今、心に響く歌。


---

どうしようもない 大きな力に くじけそうなことあった時には

ひとりで抱え込まないで ここに逃げ込めばいい

どんなに 強がる大人達だって ひとりじゃちっぽけで弱いものさ

長く急な坂道 息弾ませのぼった広場でまたあおう

どんなにどんなに君が辛くても 坂の上のあの広場でまってるから

この世の終わり告げるような悲しみに胸が引き裂かれても

ヒザ抱え ふさぎ込まないで ここに逃げ込めばいい

この星に このまちに この場所に 君はかけがえない存在だから

長く急な坂道 息弾ませのぼった広場でまたあおう

ゆっくりゆっくり元気戻るまで坂の上のあの広場でまってるから

時が過ぎ いつか振り返ったら

大きな傷 小さな痛みも 宝ものになるはず


長く急な坂道 息弾ませのぼった広場でまたあおう

どんなにどんなに君が辛くても 坂の上のあの広場でまってるから

---

坂の上の広場で sanno34
http://www.myspace.com/sanno34/music/songs/--80580057  

---


ホントに、生きてたらまた会いましょう♪

それまでは自分が為すべき事をする。
 

生き方 | comments(0)
目を覚ますためにこの機会を使いなさい
mixiの方からお借りしてます。
-----
目を覚ますためにこの機会を使いなさい。(OSHO講話)

質問 愛するOSHO
このところ私は地面が自分の足元で、崩れていくような感じをよく味わいます。私にはまるで私が愛しているもの、或いは過去に私が愛してきたものが、すべて壊れていくように思われるのです。最近ソビエトで起こったあの原子力発電の大惨事は、すべてがどれ程はかなくまた束の間のものであるかということを痛い程はっきりさせてくれました。両親、息子、兄や妹、友達そして愛する夫・・すべてが危険にさらされています。今この瞬間しかないと考えることは、私にはとても辛いことです。私はおそるおそる自分に「次には一体何が起こるのだろう?」と訊ねています。でも、誰が誰に訊ねているというのでしょうでょう?すべてが余りにも不条理で余りにも空しく思われます。時には自分が気が狂うのではないかと思うこともあります。愛するOSHO。これは成長の一部なのでしょうか?それとも病気に過ぎないのでしょうか?

●OSHO●大災害というものは、人をあるがままの現実に目覚めさせる。現実は常に壊れやすいものだ。誰もが常に危険にさらされている。ただ平常なときは、ぐっすり眠りこけているために、それが見えないだけだ。来るべき日々に対して、将来に対して、夢を見続け、素晴らしいことを想像し続ける。だが危険が差し迫ってきた瞬間には、人は突然未来はないかもしれないということに、明日はないかもしれない、自分には今この瞬間しかないということに気が付く。だから、大災害の時というのは、非常に啓示的なものだ。大災害は、この世に何一つ新しいものをもたらさない。それはただ、あるがままの世界に気づかせるだけだ。それは人の目を覚まさせる。それを理解しなければ、気が違うことも有り得る。それを理解すれば、目覚めも起こりえる。

(中略)


この瞬間をどう使うかは、その人次第だ。恐慌に陥ることもできれば、気が違うことも有り得る。恐怖にしびれ、涙にくれることもできる。だがそれでは、自分の家族にも、自分の友達にも、或いは自分の愛する者にも、何の役にも立ちはしない。それは自分にとっても何の役にも立たない。

続きはコチラ
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=20135&__from=mixi&id=60818189


生き方 | comments(0)
地球からのメッセージ
 

生まれつきチャネラーの友人から頂きました、大切なメッセージなのでシェアします♪


---

今回の地震は自然の意志とは言え 大きな被害に合われた 方々に希望を持ってと言う 気持ちとともに 一人一人の内側の投影だとしたら まずは まずは 一人一人の問題を解決することも 必要になってくるのかもしれないですね。

〜マザーガイヤのメッセージ〜

わたくしに とっても 進化の時を向かえております。


この現状をどう感じているでしょうか?

わたくしを 責めても 構いません

何故ならば 日本人が 目覚めなければなりません

日本の本来の賢さ.知恵.勇気が 失われてきておりました。


その為には お一人 お一人が 希望と勇気をもって行動することが より必要になるでしょう

いろんな 今までの 概念やルールも 通用しなくなるでしょう

協力しあう

励ましあう

勇気づける

希望を与える

喜びを分かち合うことが出来るでしょう

わたくしの進化と共に多くの人が 目覚めることを 願っております。


-------------


みなさん、受け取っているメッセージは同じなんですね。


電気依存の商品作りは、考え直される事でしょう。

電気がなくても動く商品。


地球さんの上で生活させて頂くために、どういう生き方が良いのかが見直されるでしょう。


それから、ガソリン。

新しいエネルギー開発。


その他、色々と、生まれ出てくる事でしょう。



生き残った方達は、なるべくワクワクすること、楽しみなことにフォーカスして下さい。


今悲しみを体験しつくす場面にある人は、悲しみをしっかり味わって下さい。


全ての感情や出来事を判断せず、全てを味わい尽くすという生き方を学ぶときなんですね。



私も大切な存在を失ったときは、泣いてもわめいても還ってきませんでした(当たり前ですが)


乗り越えられるまでどうにもならない感情に翻弄されるかも知れませんが、全ては必然なのだと捉え、全ての感情を味わい尽くして下さい。


抑圧すると後で別な表現で、心は表に出ようとしてきます。

それはそれで、今、あなたは味わい尽くせていないよというメッセージなのですが


何度も繰り返さなくて良いように(そんな時間ももうないようですから)


どんな今をも味わい


出来ることをしていく


淡々と、ただそれだけの中に、豊かさがあります。


今すでに豊かなのだと、気付くためにこれがあるのです。


物資が不足する中で、辛いという解釈をせず自分を保つのは簡単ではありませんが、

ただそうするしかないという状況に置かれたのは


それに気付くためだったのですね。


それにしても、マザーガイア。M9.0とはびっくりしましたよ(;_;)


そこまでされるんですかと、思いました。


でもそこまでしてまで気付かなければならない事が、あるっていう事なんですね。


気付かされる体験をさせて頂き、ありがとうございます。



  

生き方 | comments(0)
不安から行動しなくていいんですよ(^-^)
 一応、スーパーに行ってみた。
みなさんのエネルギー状態を見るために、そして、我が家に本当に必要なものがあったら、買う事が出来ますようにとハイヤーセルフにお願いして。

(結果、食べ物よりも、絵の具とか、おりがみとか、停電中退屈な子供達対応のものを沢山買うことに・・・(^^;
世界地図まで買いました!
津波が全世界にどう影響するかの話をした時に、わかりにくかったみたいなんで・・・(笑)。

そして粗食で菜食の我が家にとっては栄養満点な食品が沢山残っていました♪)

そんなわけで激混みでした!
レジ待ちにスーパーの隅っこまで並んでます。

店員さんの話だと近所のもう一店が今日はお休みなのでこちらに来ているだけだといいますが、

ちょっとパニック、と呼ぶには大げさだけど、皆さん、内面がかなり混乱されているのが分かりました。

だから、ちょっと立ち止まってみましょう。

食べ物は、ご家族を守らなければならないから買わなければならないけれど、

不安が原動力となっていませんか?

そのことをご自身に問いかけてみて下さい。

もしも、不安が原動力になっていることに気付いたら

自分に向かって

「不安なんだね」

と認めてあげてください。


あなたが、あなたの不安に気付いてあげられないままに行動し続けると、マイナスの想念が地球に付加されます。

ネガティブな想念が溜まりすぎると、今回のように災害などでエネルギーを逃がす事にもなりかねません。

直接的な支援(特に、食物や物資の支援)

そして大切な方を亡くされた方達の心のケア

が一番大切なのは変わりませんが、直接、お金以外のサポートが出来ないような立場にいらっしゃる方は

この機会に、自分の内面を整えて下さい。

今は、その機会を与えられているのですから。


ネガティブとかマイナスという状態は「悪い」という事ではないんです。

プラスに傾いているか、マイナスに傾いているエネルギーかの違いであり、両方がないと地球は成り立たないのですから、悪いという判断をしないこと、ただ物事は宇宙の仕組みによって起きる。

あなたから湧いてくる感情でさえも。

それを「悪い」とか「良い」とか「幸せ」とか「不幸」とか

判定しているのはあなた自身なのです。

つまり、幸せを生み出しているのも
不幸を生み出しているのも

「心配」を生み出しているのも、あなたがしていることなのです。


今、人の意識がかなり乖離してきています。
この時点で、人に攻撃的な気持ちを持つ人は、かなり地球の波動上昇についてこれていません。
あ、ついていけてないなと自分が気付けば、一瞬で波動は変わります。

気付く事です。

悪い事をしたからこうなったと思っている人もいるようですが(聞いてびっくりした!)

そんな事はありません(笑)


物理的支援が必要なときに、心の話ばかりをすると不謹慎と思われる方もいらっしゃる事は理解しています。

(私も少し前はそういう意識で生きていましたから)

けれども、もう不謹慎と思う人がゆるやかに意識を変化させていくのに付き合っている時間が地球さんにないようです。

自分自身から「気付く」

自分自身から「知る」

確信する。

そのことが「内面を整える」です。

常に静寂でいなくてはとかいうことではありません。

自分に何が起きているのかを、常に自覚すること。

今不安でいる自分をリアルタイムで自覚し、味わえる状態。

今怖くてたまらないんだなぁって自分をリアルタイムで自覚し、味わえる状態。

それが「覚醒」です。

ネガティブな思いを持ってしまう自分を責めて「良い人」でいようとすることは、ネガティブなエネルギーを発振してしまいます。

良い人でいようとすることは「今の私は良い人じゃない」という状態を「発振」することだからです。
私たちもエネルギー波を持っています。

そのエネルギー波の発振元である私たちが、どんなエネルギー波を発振するかに無頓着でいると、創造したい未来から離れていってしまいます。

そして、この極限状態に置かれたのは、そういう中で見える様々なことを学ぶチャンスを、地球さんが与えて下さったのです。

与えられたのではないのです。

与えて下さってありがとうございます、です。

この2つの心境の波動は全く違います。それに気付くことです。


そのようなわけで、不謹慎と言われても、これは伝えなければなりません。

自分で「分かる」しかもう方法はないのです。

そこまで来ているのです。



・・・というメッセージがすごくあるなと思っていたら

生まれつきチャネラーの友人が、地球さん(マザーガイア・ガイヤ)からのメッセージをチャネリングして下さいました。

次の記事でシェアします。
 

生き方 | comments(0)
否定からは何も生まれない・・・

 
「結局は傲慢だったんだな・・・
http://ameblo.jp/sei-miya369/entry-10828661652.html

に対してコメントを頂きました。
とても素敵な気付きでした。

勿体ないのでシェアさせて下さい。
許可頂いてないけど公開コメントなので、させて頂きますね。

ありがとうございます♪


------------
りえぽんさん
■全てを受け入れる・・・

特に被災の酷かった地域の方などは、なかなかすぐにはそうは思えないかもしれませんが、私も最近、たとえどんな悪いことが起きようとも、過去のこともそうですが、否定からは何も生まれないということに気づき始めました。
船井幸雄さんの本を読んで、そう思いました。船井さんは過去の日本などに起こった全てのことを承知の上で、事実を知ることは大切だけれど、否定はせず必要な流れだったと全てを肯定していこうと本などで述べているので、その考えに最近とても共感するようになりました。
私の身には、まだ受け入れがたいような重大なことは起こってはいませんし、これから全てを受け入れていけるかどうかはわかりませんが、今は基本的には全てを受け入れ、与えられていることに対して感謝するように心がけています。
------------

そして、私からの返信コメント

------------
■Re:全てを受け入れる・・・

>りえぽんさん

そうですね、中々そう思えない人も沢山いらっしゃるでしょうけど「否定からは何も生まれない」んですよね。

たぶん、もっと落ち着いてきたら、みんながこの意識になる為に起きたことであるのが分かると思います。
今は、とてもそうは思えなくても、起きている事は全て正しい(by 勝間和代さん)

そして、現在は未来の伏線。
だから「現在」を「心配」でいっぱいにしたら、心配の種がいっぱいの未来が出来るんです。

今だからこそ、理想の未来を描き、出来る事を粛々とする。受け容れる、とは、放置すること。
それなら、出来ますでしょ(^-^)?

------------

そして、知人に頂いたエンジェルカードからのメッセージ。

「心配は、不幸への祈り」

波動やエネルギーが理解出来る人は、それで思い浮かべてみて下さい。

「心配」にフォーカスすると、それを裏付ける現実がどんどん起きてくるんです。

だって、あなたが「この世界は心配に満ちている」って思っているからです。

この世界の構造はすごくシンプルで、人はただそう在ろうと思った通りに、存在出来るのです。

無意識と、表面の意識とを完全に一致させること、それがピュアという事。

人に対して批判や、否定が出るときは、無意識の思いと、表面の思いにズレがあるというサインです。

慣れるとあまり怖がらずに「あ、またズレてるな!本当の私の思いは口で言ってることと違うんだな!」
って気づけるようになります。


今回の事は、原発との共存をどうするかということや

人と人とは、所詮分離したままでは生きられないこと

助け合う歓びと、温かさ

そして、これから本当はどんな世界に住みたいと思っているのか

極限状態だからこそ、本当の心がみえる。

本当の豊かさにも向き合う事が出来ているチャンスでもあると気付きました。


心配しすぎないで、全ては自分が創っているのだと、だまされたと思ってまずは認めてみて

何を構築していくかをイメージする。

心配や否定、批判はいらないです。

批判したくなっている時は、誰かから自分の中の闇の部分を指摘されることを怖れているのだと、気付くときなんだよというサインです。

そのサインを常時自分で読めるようになっていくこと。

それが意識の向上なのです。

 


生き方 | comments(0)
不謹慎・高慢・傲慢?それ誰のこと?○○○のこと

気付きを与える役割をお持ちの方へ、応援メッセージです。
(というと、おこがましいですが、必要な人がいますのでお許し下さいませ)


この状況にあって、本質は何なのかを言うと、不謹慎とか高慢とか、言われるヒーラーさん(と便宜的に呼んでますからヒーラーを名乗ってない方でもこの記事にピンと来たら、あなたです)が多いようだ。

一部の人は「言っても分からないから」と、分かる人にしか伝えなくて
一部の人はまだ慣れてないからちょっとめげているみたい。


そうだね、その見方に慣れていない人は、例えば私を見て

「不謹慎」とか「高慢・傲慢」とか感じられる事がある。

でも、それはその方の中に「「不謹慎」とか「高慢・傲慢」と判断する要素があるからであり、私が原因じゃないんですよね。

なぜと言われても、宇宙がそのように人の意識の構造を創ったから

としか言いようがないのですが、

とにかく、その方の内面を整える事で、その感情が消えることは、

なかなか分かって貰えないかも知れないね。


でも、それを伝える事があなたの役割なら、自分を信じるしかないと思う。
信じたものを、信念を伝えていくことが生きることでしょう?

あなたのホントの気持ちを隠していても、それはあなたの生命を最大限に発揮していることになるのかな?
ならないよね。

覚醒した人が増えなければまた次、必要な刺激をされる可能性が高い事は分かっているのだし

だから私は気付く人を一人でも増やす方向に動いてみようと思う。

殆どが死んでしまってからでは、遅いから。

(それはそれでまた新たなスタートなので、そうなってしまったら諦めて、その時あるものでスタートするしかないけれどね、どんなに少なくってもね)


批判されて縮こまっちゃったヒーラーさんたち、もしくはヒーラーじゃないけどその意識で生きている人たちへ

批判されて縮こまっているのも、あなたが選択していることだって分かってるよね。

だからそれはそのまま放っておいて、未来をどう創るかにフォーカスしよう。


誰かを見て腹が立ったら、あなたの中にあるものを、外の世界に見ただけなんだと知ること。

ただ知ること。

誰かを「不謹慎」とか「高慢」「傲慢」とレッテルを貼りたくなったら

あなたの中にある「嫌いなあなた」をその人に見たから、「不謹慎」とか「高慢」「傲慢」とレッテルを貼らざるを得なかった。

その意識を観察すること。

そうして放置出来るようになること。

自分がやってたんだと気づけるようになること。

それがエネルギーをピュアにしていくということ。


全ての批判と判断を手放すこと。

それがピュアだということ。


物理的な支援が何より一番大切だけど、直接何か出来ない時は

自分の内面をそのように整えていくことが何よりの支援になる。

そのことをとにかく伝えて。

というメッセージを頂いております。

(でもエネルギーとか量子場とか分からないと、自分で動かしたことがないと、難しいとは思うんだけども・・・それでも分かる人を増やすしかないというこの状況・・・厳しいですね〜)


全ての出来事は、本質のエネルギー(神とか愛とか呼ばれるそれ)が表現されたものであり

良いとか悪いとか高慢とか不謹慎とか、レッテルを貼るのは人間だけ。

そのレッテルを貼れるという事が創造力なのであるから

そうやって無意識に、他人に映し出された自分にかっとして非難するような意識の使い方をしていたら勿体ない。

批判に使うエネルギーをキャンセルし、どういう未来を創りたいかにフォーカスする。

どんな人が存在していても、いいのです。

あなたにとっていやだったらそれは、あなたが認めていないあなたが、その人に映っているからなのです。

その意識のフォーカスの仕方が、とっても大切です。

特にこれから、他の土地でもさらに混乱が見込まれます。

自分が何をしているかを常に見ながら生きるという事が、とても大切です。

ピュアに保つということ。

どんな人も、本質のエネルギーが顕現したものであって、made from Loveなのですから。


自分が信じたものを、表現し続けていて下さいね(^-^)

私は、全人類が行き先を間違えても、ここにいますから。


アメブロはこちら
http://ameblo.jp/sei-miya369/


生き方 | comments(0)
結局は傲慢だったんだな・・・
 コルマンインデックスの最後の段階である第9サイクルに突入して2日目にしてこの地震。

ここまでするかな〜と、地球の圧倒的なパワーに気圧されて、かなりドキドキしていた。

本気で生きてるって感じがする〜!!みたいな。
それまでもずっと本気で生きてきたつもりだけど・・・

揺れている最中も、こちらは震度5とはいえ、かなり怖かったし
止まらない揺れに周りにいる人たちも、かなり不安に駆られていた様子でした。

けど!

自分の身に起きたことは冒険チックに楽しみました♪

とはいえ、テレビを見ていると、どんどん被害が拡大してきて、さらには原発まで危険な状況となると、「楽しむ」なんていうと不謹慎なんて言葉が浮かんでくる。

でも、、、不謹慎っていうその思いこそが、宇宙の法則からすると、エゴであり、つまり自分の思いこみに執着する行為であり、そうじゃない、ただ受け容れる事だけなんだ、と気付いた次第。

たぶん、この気付きを導くために、人々の意識、世界を見る視点が切り替わるまで、天変地異や災害は起きるのかも知れない。

どういう事かというと、お互いに助け合おうという気持ちや、自分が出来ることはしようと、停電した信号の交差点で、とりあえずサンダルで家着のままで出てきて交通整理しているおじいさん。

みんな頭を下げて通り過ぎて行ってた。

NZの地震の時も、生きた心地のしない中で、みんな頑張って自分を周りを支えていた事を思うと、目の前がにじんで来ていたけど

それすらも、魂の目的からすれば大きなお世話なんだよね。

全て宇宙の法則の中で、各自が選んで演っている事なんだから。

この視点に早く辿り着きなさいよ

と地球に言われた気がする。今回の地震で。

それすらも、ただ愛して、味わって、しっかり体験しつくす瞬間を積み重ねていけばいいんだよ、と。


何が言いたいかというと

全ては受け容れるしかないと言うこと。

死は不幸だという判断をして、悲しみにこの世界を彩るのも、あなたの自由。あなたが創る世界だから。

けれども、災害に巻き込まれて大変な状況に陥るというのも、その本人が魂のレベルで選んでやっている事なので

あなたが、とやかく、可哀想だとか気の毒だとか、っていう思いを当てはめようとすることも、宇宙の摂理の流れをせき止める意志だ、という事なんだ。

傲慢とはそういう状態のことを言うんだね。

というと難しいけど、要するに起きたことはそのまま放っておけばいいといこと。

どんな状況にあっても、全てを楽しみなさいっていう事の意味が、また少し分かった気がする。

その事に早く気付いて、不幸がっていないで、大変がっていないで、死も受け容れること。

死が悪いことだという判断をしないこと。

全ては、宇宙全体で織りなされる絵画のようなリズム。

その一部の出来事。

もちろん、その中で一人の人間として生きているわけだから、大切な人を亡くしたら悲しいに決まってる。

悲しんじゃいけないんじゃなく、悲しみ抜くこと。

全てを味わうこと。

受け容れること。

そのことを求められて居るんだと、人を思いやる人々の温かさの中で腑に落ちた。

全てこの世界のことは、私たちが考える通りのものとして
そこに在るのだ。

起きたことをただ味わって包み込む。

瞬間瞬間を愛していく。

全ては大きな宇宙のサイクルの中での出来事なのだから、人という小さな単位で

その宇宙が起こした出来事を

「可哀想」

とか

「大変」

とか、思っている暇があるのなら、目の前のことを味わい尽くし

誠心誠意生きなさい。

ただそれだけのシンプルな事を、求められているみたいだ。


地球さんはただ、そこに気付いて欲しいだけみたいな気がする。

気付かなければきっともっと、なぜこんなことが・・・という事が起きてきて

気付かせる出来事として顕現してくると思う。

なぜなら、私たちがそれに気付きたいと思っているから。

気付けば今までとは違う価値観の未来を創れるからなんだよ。

早く目ざめよう。

全ては宇宙の愛によって行われているのだと、全てを愛していこう。

そして愛するとは人間の欲しがる愛情とは違うから、すごく懐が深くていい人である必要もない、身の丈に合った方法でいいんだよ。

それぞれ必要な器を持って生まれてきているのだから。
 

生き方 | comments(0)
何もしない日(ニュピ)
 
3月5日は、バリ島ではニュピ(nyepi)だったらしい。

ニュピは、静寂の日と言われ、朝から電気も使わず、仕事もせず、運転もせず、料理もせず、空港は閉鎖(来る人だけかも?)そして、家かお寺で瞑想をして過ごすのだそうだ。

一日、立ち止まってみれば、気がつくんじゃないだろうか。

一日くらい、何もしなくても、地球は何も変わらないって。

一日くらい、人が止まっていても、空はいつでもそこにあるし、

月もいつものように運行していて

太陽がどれだけの恵みを毎日与えてくれていたのか、

その生命エネルギーを浴びて輝く草花たちを見て、

これら壮大な生命が今までもずっと、
仕事で忙しくして見ていないときもずっと、

そこにあったのだと、

まじまじと感じられるのではないか。

日本にこそ、必要な日だと思う。

っていうか、欲しい(笑)
 

生き方 | comments(0)
バリ島本当の姿〜癒しのガムランボール

ふと「ガムランボール」の音色ってどんなだろう?と頭に浮かび、しかも大きなものではなく携帯ストラップに出来るようなものが浮かんだので、注文してみました♪

☆ピュア・ラ・バリ☆
http://pure-la.net/gamelanball/

音色にこだわっているお店だけあって、小さいのにとっても素敵な音色♪☆♪
梱包もバリの空気を一緒に連れてきてくれました♪

シャラ〜ン♪

とかいう音で表現されますが、そんなものではない、海の漣(さざなみ)のような、とても繊細で優しい、癒しを誘(いざな)う音。

携帯につけられるサイズなので小さいですから、音も控えめ。

ですがしっかり美しい音色が奏でられるのです。

次は大きいもので、ちゃんと鳴らしてみたいな〜♪と思いました。


バリ人の友人たちが出来る前からなぜかバリ島で創られたベルを持っている私・・・

バリ島とは元々ご縁があるらしく、なぜバリ人の友人たちと知り合えたのかも、出逢いとしか言いようがありません。
全くの偶然でであったんですもの!

出逢いなんて全部そんなものかも知れませんが

話を戻しまして直径1.7cmほどのそのガムランボール、小学生の娘も自分で振ってみて

「わぁ〜きれいな音〜〜〜〜」

そして

「すっごく落ち着くぅ・・・」

と浸っておりました(笑)


で、バリ人の友人に報告。

とってもきれいな音色に浮かれていたので、ウキウキと

「ガムランボールを買ったんだ〜、バリから送られてきたんだよ♪」

といったら、見せてというのでカメラ越しに見せましたら

「それはgonsengっていうんだよ」

とのこと。

さらに

「バリ人は誰も使わないよ、せいぜい牛の首につけるくらいかな〜」

とか言うではありませんか(笑)!


ちょちょちょちょちょちょちょちょちょちょちょちょっと待って!!(かなり動揺(笑))

こんなにきれいな音だから、伝統楽器の智恵が入ったものだと思うんだけど、違うの!??

と聞くと、ガムランというのは伝統楽器のことで、一つだけの時はgonsengと呼ぶそうです。

さらに追い討ち

「携帯につけたら音がしてうるさいし、人は使わないよ」

(静かできれいな音です(笑))

と・・・

納得いかないので、もう一人の友人に聞いてみたけど

「確かに、牛につけるよ、ははは」

って!

(現地の日本人の方に、牛はつけていません!と教えてもらいました(笑))

今が楽しいのが一番!なバリ人ですから、笑えることならなんでも良いらしい。
そういう事にしておきましょう。


その後訂正:
本当に牛につけるらしく、オーナーが違う音色のgonsengを持って使うらしい、牛が道を外れたり、牧場を出た時とかに。
そしてgrumbungan tournamentとやらでは、競争みたいなものをするみたいだけど、その時は首に沢山付けるようです。
疑って(はいないけど?)ごめんね〜>友人へ
楽しいことが好きな人たちだから言葉遊びしてるのかと思っちゃいました!!


で、色々調べたり現地の日本人の方に教えて頂いたりしたんですが、ガムランボールは元々バリにあったものではなく20年ほど前に入ってきたものなので、現地の人はあまり知らないかも知れないそうです。


私なりの解釈ですが、バリ島って外国人向けの観光業と農業の国なんですよね。

観光でバリ島に行くと、私たちは「あ〜癒しのバリ☆」とか勝手なイメージを味わって「いい所取り」が出来ますけど

現地の生活はホテルでのラグジュアリーな空間とはやっぱり違う。

まずトイレが私は苦手です、トイレットペーパーなんてホテルや観光向けに整備された場所を除き、基本的にないし。
座る座面もないし(笑)

便器の横に貯め水があって、水洗なんだけど、桶で自分で流す。

(すっごくエコなので、形を変えて取り入れたいと思うけど)

経済的に発展していないことを貧しいとする価値観は、大切なものを見逃しているから、その価値観だけで農村の生活を「貧しい」と表現するのは私は抵抗があるけれど、物質的にはとてもシンプルなのは確か。

でも、バリ・ヒンドゥーのおかげなのか、精霊が全てに宿っているというような考え方の中で生きていて、つまり、私たちが今スピリチュアルに回帰しようとしている「全てはひとつ」の概念を宗教儀式を毎朝行う(お供えなど)ことにより、常に精神的には豊かな状態を保っているように見えます。

私の仕事柄(カウンセリングなどによって過去のしがらみを解放する)、オーラでも出ているのか?

そこにいるだけで人々のふかーーーい悩みを打ち明けられることも多いのですが、時に私もうっかり邪気を貰ってしまい、疲れることがあるので
(最近は殆どないけれど、貰うのも私が選択している事ですからね)

いつまでこの役割が来るのかなーー?

と友人にぽろっと漏らしたら、こういう相談は都会に住んでいる人に多く、バリ人は穏やかで都会の人に特有の悩みが殆どないのだという。

そういう意味では精神性はとても豊かな人たちで、穏やかです。


でも観光により創り上げられたバリ島文化は、都会の人が求める「理想」を盛り込んでうまく作られており、ようするに「いい所取り」。

だから観光でバリを味わって、バリに住みたいと思っても、コミュニティーとしての生活が待っているから多くの日本人には難しいんじゃないかと思う。
住んでいる日本人も多くいらっしゃるようですが、少なくとも私には難しい(^^;。
個人の生活ではなくコミュニティーなんですよね。
でも、これから統合の意識に向かっている最中の今、なるほどと思う所もある(というほど知らないけれど)。


話がそれましたが、そんなわけでガムランボールも結局、観光業のために創られたアイテムである、と思われる、というのが私なりに出した結論。

バリ島というのは、伝統文化のうち観光業などに使えそうなものは、19世紀末にオランダが植民地化を進めた際に、保全されたんですね。

良心からというよりは、無抵抗の大量自決をされたために国際的な非難を浴びることとなったから、のようです(Wikiより)。

それを始まりとして、オランダの文化保護政策を背景として、バリ島は「最後の楽園」のキャッチ・コピーなどのイメージとともに欧米に紹介された。

現在では「神々の島」というキャッチコピーもありますね。

その後、欧米系の観光客が1930年代に激増した影響を受けて、1930年代のバリは「バリ・ルネッサンス」の時代を迎え、現在の観光の目玉である音楽(ガムラン等)、舞踏(レゴン、ケチャ等)、絵画の様式が確立することとなった(Wikiより)。その後日本軍が占領統治してしばらくして、インドネシア独立、そしていまにいたるようですが、

とにかくここから「観光文化」といえる本来の「伝統文化」とは若干違う文化が守られて発展することとなったようです。

その流れが今も続いているということで、外国人向けに、バリ島の伝統を味わえるようなもの、つまり「観光用に演出された伝統文化」は今でも引き続き作り出されて売られている、というように理解した。

とはいえ、例え観光文化によって生み出されたものかも知れなくても、このガムランボールの音色・デザイン、優しくてとても気持ちが良く癒される音ですよ♪

元々はスペースクリアリング(場の浄化)にも使われるハーモニーボールのようですし。

音は場のエネルギーを整えるのにとても大切ですが、音によっては相当きれいにお掃除してからでないとホコリなどの所に溜まっているネガティブエネルギーまで超!増幅してしまうのでよく勉強してからにしましょう。


さいごに、Wikiで興味深い記述がありました。

「島南部を中心として土地が肥沃であったことから、昔からバリの人びとは余裕を持った生活を送ることができた。そこで、農民は朝夕それぞれ2、3時間働くと、その日の残りは絵画、彫刻、音楽、ダンスなどの創作活動に当てるなど、美術・芸術活動にも勤しんでいた」

チャネリング情報などでもたらされている「これからの世界」の生活の仕方に近いような・・・

ここ1年〜1年半は「土地を活かしきりなさい」というメッセージがずっと来ている。

何から手を付けたらいいのかわからないけど、これは要するに、自分たちが住む土地は食物や住むところの材料程度は、最低限供給できるだけの力を地球は人類や動物たちに与えているのだそうだ。

だから、マンションに住んだりして人工的に囲われた生活ではなく、土地そのものと一緒に生きなさい。

使われていない土地?を食物を生み出せるように戻したりして、活かしきりなさい。

これはかなり大きなコミュニティで、政治不信がもっと募ったところからはじまってくるのかも知れない。

人々の意識が高くなると政治はいらなくなるそうだから。

まずは家庭菜園からでも良いみたい。土と触れ、地球に感謝することからがはじまりのようです。

急激にこれから意識が変化しそうですから、アメリカやイギリスから一気に進むのかも知れませんけれど。

自分が出来る小さな第一歩から始めることが大切なので、何か動いてみましょう♪

小さな事といえば、一つお勧めは「豆苗」。スーパーで買ってきて一度切って食べてしまってからも、水に根っこをつけておくと同じくらいまたわき目が出てきます(笑)

70円しないで2回頂ける、ラッキー☆

節約主婦みたいになりましたが(笑)、良かったらこの音色に浸ってみて下さいね。

癒されますよ〜♪

 


生き方 | comments(0)
1/12 >>



CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

COMMENT
  • きちんと体を感じて生きる〜子どもに牛乳を飲ませたくないママパパへの処方箋・完結編
    miya (03/20)
  • きちんと体を感じて生きる〜子どもに牛乳を飲ませたくないママパパへの処方箋・完結編
    miya (03/20)
  • きちんと体を感じて生きる〜子どもに牛乳を飲ませたくないママパパへの処方箋・完結編
    チャド (03/20)
  • なぜこの世界は「幻想」なのか?:その2
    吉野@エネルギー (09/10)
  • 牛乳・乳製品の害〜やめて初めて分かること
    戦後史の激動 (08/29)
  • Which is better? Kind of Reiki /レイキの流派、どれがいい?
    miya (03/03)
  • Which is better? Kind of Reiki /レイキの流派、どれがいい?
    ミーナ (03/03)
  • Which is better? Kind of Reiki /レイキの流派、どれがいい?
    ミーナ (03/02)
  • 肉食を減らす方法ーその1−
    miya (02/19)
  • 肉食を減らす方法ーその1−
    miya (02/19)

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3




  • リコネクション―人を癒し、自分を癒す

    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea