メイクセラピー・美肌洗顔・レイキ・カウンセリングetc.様々な手段を駆使してあなたの魂が他の魂と「共鳴」するレベルを目指し開放していきます。体(顔)・心・魂・エネルギーを調和へ導きミラクルな日常へシフトしたい人の場所→http://sei.sunnyday.jp/
Boy's upbringing /男の子の育て方
男の子の母親でいると、多くの人がぶつかる悩みがあるんです。

コンスタントに相談を受けるので、まとめておこうかと思います。

どういう時に悩むかというと

女親にとって、男の子って理解しがたい行動をするもの(笑)

(そこがかわいいんですが)

自分の息子も、職場にいる男性や、はたまた上司も、なんか同じ発想のように見えることも多かったりする人は少なくないようです(笑)

これは男性性のエネルギーが方向を決めるエネルギーだからなんですね。

女性性は命を育むエネルギー、全てを受け容れ、変容させてしまうエネルギーがある。
それくらい素晴らしいエネルギーの持ち主が女性。

だからこそ長い間抑圧されてきたのです。

この話は後にするとして、そんなわけで女で在ることは本当に素晴らしいギフトなのだと気付いて下さい。

(もちろん男性として産まれることを選んだ人にとっては男性であることが素晴らしいギフトです)

両方を受け入れ、両方を伸ばしていく事が出来るのが女性性なのです。


話がそれましたが、女性の理解した「良い子」に育てると、男の子、でいられなくなってしまう、という事にいつしか気付きました。

例えばこんな時。

特に女の子しか育てたことがない親御さんだと、男の子がすることは、すごく乱暴に見えるようです。

たたかれた!

とか

ものを投げられた!

とか、神経質な方(特に一人目のお子さんの親御さんに多い)だと

こんな事をするなんて信じられない!!

くらいの勢いで怒る人もたまにいるそうで。

子供から又聞きなんで、状況が把握しにくいというのもありますし

親御さんが働いていると、少ない時間でそういう問題に対処しないといけないので、余計カーーーーっとしやすいという局面もあります。


保育園児でも、4歳以上になってくると、男の子同士って

殴り合ってるのか

じゃれてるのか

分からないくらいの激しい(ように見える)殴り合いなのに(今はもう慣れたので、あれが男の子だから!と言えるレベル)

数回往復すると

ワハハ!!

とか笑ってたりする。

ん〜わからん(笑)。


でも楽しそうだから、いいんだな、きっと。

と思ってると、一方が投げる力が強すぎて、床に頭をぶつけたといって泣き出したり

ん〜わからん。

でもこういう事をやらせないと加減が分からなくていきなり死ぬほど殴ってしまったり、するのかも知れないので、なるべく理解のある親御さんの子供とある程度自由にさせたい。

してはいけないことはしてはいけないことなんだけど、ある程度は。


乱暴と言われたから

とかいう視点で育てると、女親の視点になります。

なぜかというと、ママ同士の付き合いの中で、男の子のすべき態度を決定しているからです。

男の子が男の子として、その子らしさを発揮して生きるという視点ではなく

地域のお付き合いの中で、ママがどう立ち振る舞うのが良いか、とかとかいう要素で、その子が行動すべき行動パターンを位置づけているからです。

そうすると、ママの言う事をきちんと聞く男の子、忘れ物もしないし、服も汚さないし、なーんて子が育ってしまうかも(わかりやすいように極端に言ってます♪)

もちろん、パパ達には子供達とどんどん会話してもらって男性同士の野郎同士のお話がすごく大切なのは言うまでもないですが(これが基本)

男性の親御さんがいらっしゃらない場合は、男友達に手伝って貰いましょう。

我が家では、夫が苦手な分野が得意な男友達に時々来て貰って、子供達と沢山遊んで貰います。


女親が男の子を育てる原則は、すっごく簡単。

聞きたいですか〜?

聞きたいですか〜?

本当に聞きたいですか〜?<しつこいっ


それはですね

自分が付き合いたいくらいイイオトコのイメージを持って躾ける事

です。

いえ、息子を恋人にとかいうそういう怪しい話じゃなくってですね。

この子たちが育ったとき、どういう種類の男性が多くを占めていて欲しいか。

今風に言うと、草食系が多くいて欲しい〜と思うならそうしたらいいし。

(個人的には草食系は物足りないですが)


女性っていうのは、育てるっていうことは

未来を自分の理想の要素で満たす事が出来るという、素晴らしい事業なんですよ。


女親同士の付き合いから、乱暴だと言われてお詫びはもちろんするわけですが、その恐縮度をどの程度の割合にするかは、これを基準にすると判断しやすいです。

例えば

いつもママンの言う事を聞いて、服はきちんとたたみ、礼儀正しく、忘れものもせず、服もいつもきれい。

こんな男と付き合いたいですか?
(そういう人もいるでしょうから、お好みでご自由に・・・(笑))

私はチョット好みじゃないので、少しはワイルドさが残っていて欲しいので、そのように判断します。

まぁ、普通は段々と親の言う事などあまり効かなくなるので

(いつまでもあなたの言うとおりなら、あなたが支配しすぎているという事です)

やはり

泣こうがわめこうがしちゃいけないこと



三歳を過ぎたらすぐにビシバシと躾けていくのが、今のところ良いペースです。

3歳までは、褒めちぎります。かわいいし(笑)

3歳を過ぎると、あまり何をしても褒めてばかり居ると増長して将来が心配になってくるのですが、

一人目の子の時は、いつもずっとその子が「一番年下の家族」=子供

だったので、うっかり下の子が出来る4歳までほめてしまい、後で教えるのが大変でしたが、3回やってみて、この辺が我が家の良いラインです。

性格にもよるので色々試してみて下さいね♪

子供・育児 | comments(0)
Comment












CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

COMMENT
  • きちんと体を感じて生きる〜子どもに牛乳を飲ませたくないママパパへの処方箋・完結編
    miya (03/20)
  • きちんと体を感じて生きる〜子どもに牛乳を飲ませたくないママパパへの処方箋・完結編
    miya (03/20)
  • きちんと体を感じて生きる〜子どもに牛乳を飲ませたくないママパパへの処方箋・完結編
    チャド (03/20)
  • なぜこの世界は「幻想」なのか?:その2
    吉野@エネルギー (09/10)
  • 牛乳・乳製品の害〜やめて初めて分かること
    戦後史の激動 (08/29)
  • Which is better? Kind of Reiki /レイキの流派、どれがいい?
    miya (03/03)
  • Which is better? Kind of Reiki /レイキの流派、どれがいい?
    ミーナ (03/03)
  • Which is better? Kind of Reiki /レイキの流派、どれがいい?
    ミーナ (03/02)
  • 肉食を減らす方法ーその1−
    miya (02/19)
  • 肉食を減らす方法ーその1−
    miya (02/19)

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3




  • リコネクション―人を癒し、自分を癒す

    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea