メイクセラピー・美肌洗顔・レイキ・カウンセリングetc.様々な手段を駆使してあなたの魂が他の魂と「共鳴」するレベルを目指し開放していきます。体(顔)・心・魂・エネルギーを調和へ導きミラクルな日常へシフトしたい人の場所→http://sei.sunnyday.jp/
「菅降ろしに原発の影」東京新聞6月3日朝刊
 あしたのために 活動日誌より
http://nemoji.blog.ocn.ne.jp/ashita/2011/06/63_c101.html

------------
「菅降ろしに原発の影」東京新聞6月3日朝刊

東京新聞、今朝の朝刊に下記の特集記事が載っていました。

この記事を読み、私もそう思います。自民党政権時代、原発政策を進めてきた国会議員は今や、自民、民主の両党に分かれ大勢います。

不思議に、国会では、その責任についてだれも論じません。もう少し落ち着いたら、議論になるのかと思っていましたが、そうではなくて、封じ込めるために裏で動いていたということです。

日本経団連の米倉会長なるものの、口汚い、品性のない、思いあがった発言などを聞いていると、またしても金で、国土が、政治が動かされようとしていると思っていました。

この騒動は、被災地を忘れた国会議員の権力闘争などではなく、まさにこれからの日本をどのような国に作っていくか、大変重要な権力闘争で、私たちも含めて、重要な闘いです。

この記事をもっと広めましょう。

-------------------------------

↑には新聞記事が載っています。抜粋しますと


☆☆☆
それにしても「菅おろし」の風は、なぜ今、急に、これほどの力を得たのか。
背後に見え隠れするのは、やはり「原発」の影だ。初の市民運動出身宰相は、この国の禁忌に触れたのではなかったか。
(佐藤圭、小国智宏)

首相なぜ追い詰められた

今回の「不信任案政局」を振り返ると、菅首相が原子力政策の見直しに傾斜するのと呼応するように、自民、公明両党、民主党内の反菅勢力の動きが激化していったことが分かる。

首相は5月6日、中部電力に浜岡原発(静岡県御前崎市)の原子炉をいったん停止するよう要請。18日には電力会社の発電、送電部門の分離を検討する考えを表明した。

さらに事故の原因を調べる政府の事故調査・検証委員会」を24日に設置。25日には外遊崎のパリで、太陽光や風力など自然エネルギーの総電力に占める割合を2020年代の早期に20%へと拡大する方針も打ち出した。

自民党の谷垣禎一総裁も17日、不信任決議案を提出する意向を表明し、公明党の山口那津男代表も即座に同調した。
表向きは「東日本大震災の復旧・復興に向けた2011年度第二次補正予算案の今国会提出を見送った場合」という条件をつけたが、原発をめぐる首相の言動が念頭にあったことは間違いない。

実際、自民党の石原晃幹事長は6月2日、不信任案への賛成討論で「電力の安定供給の見通しもないまま、発送電の分離を件津汚」「日本の電力の3割が原発によってまかなわれているのに、科学的検証もないままやみくもに原発をとめた」と攻撃。

菅おろしの最大の理由の一つが原発問題にあることを”告白”した。
民主党内でも小沢一郎元代表周辺が五月の大型連休後、不信任案可決に向けた党内の署名集めなど多数は工作をスタートさせた。
24日には小沢氏と菅首相を支持してきた渡部恒三最高顧問が「合同誕生会」を開催。
渡部氏は、自民党時代から地元福島で原発を推進してきた人物だ。
日本経団連の米倉弘昌会長はこの間、首相の足を引っ張り続けた。浜岡停止要請は「思考の過程がブラックボックス」、発想電分離は「(原発事故の)賠償問題に絡んで出てきた議論で動機が不純」、自然エネルギーの拡大には「目的だけが一人歩きする」という具合だ。
金子勝慶大教授は、福島第一原発の事故について「財界中枢の東電、これにべったりの経済産業省、長年政権を担当した権力が引き起こした大惨事だ」と指摘する。
当然、自公両党にも大きな責任があるわけだが「管政権の不手際」に問題を矮小化しようとする意図が見える。
金子氏は不信任案政局の背景をこう推測する。
「菅首相は人気取りかもしれないが、自公や財界が一番手を突っ込まれたくないところに手を突っ込んだ。自公は事故の原因が自分たちにあることが明らかになってしまうと焦った。それを小沢氏が煽ったのではないか」

-------------

ちょっとちょっと、この人たち、まだ
「自公は事故の原因が自分たちにあることが明らかになってしまうと焦った」
って、、、ばれてないと思っているんですかー?

びっくり・・・

菅さんのせいにするまえに、自分たちが作ったものの尻拭いをしっかりしていただかなくてはね、出来ないならもう国民主導に切り替わり退場の流れとなりそうです。

エネルギーの流れはね・・・物質化までにどれくらいの時間があるかは分からないけど。

物質界の人がどの程度行動に移せるかによるのだと思う。

菅さんは一先ず浜岡停止という偉大な第一歩を人気取りでも米国の言いなりでも、いずれにしろ結果は出した、この人たちは一体何をしたのか?

乱暴な言い方をすれば、腑抜けの首相でも全原発を廃炉にする方向に持っていければ、リーダーシップはなくてもいい(笑)

本当に優れたリーダーは、トップが傀儡でも、その人をtopとして使いこなし自分のやりたい事を実現する人で、自分がtopに立つことに固執する人は、たいていの場合結果は出せない事が多いように思う。
 

世界平和 | comments(0)
Comment












CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

COMMENT
  • きちんと体を感じて生きる〜子どもに牛乳を飲ませたくないママパパへの処方箋・完結編
    miya (03/20)
  • きちんと体を感じて生きる〜子どもに牛乳を飲ませたくないママパパへの処方箋・完結編
    miya (03/20)
  • きちんと体を感じて生きる〜子どもに牛乳を飲ませたくないママパパへの処方箋・完結編
    チャド (03/20)
  • なぜこの世界は「幻想」なのか?:その2
    吉野@エネルギー (09/10)
  • 牛乳・乳製品の害〜やめて初めて分かること
    戦後史の激動 (08/29)
  • Which is better? Kind of Reiki /レイキの流派、どれがいい?
    miya (03/03)
  • Which is better? Kind of Reiki /レイキの流派、どれがいい?
    ミーナ (03/03)
  • Which is better? Kind of Reiki /レイキの流派、どれがいい?
    ミーナ (03/02)
  • 肉食を減らす方法ーその1−
    miya (02/19)
  • 肉食を減らす方法ーその1−
    miya (02/19)

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3




  • リコネクション―人を癒し、自分を癒す

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea