メイクセラピー・美肌洗顔・レイキ・カウンセリングetc.様々な手段を駆使してあなたの魂が他の魂と「共鳴」するレベルを目指し開放していきます。体(顔)・心・魂・エネルギーを調和へ導きミラクルな日常へシフトしたい人の場所→http://sei.sunnyday.jp/
自民党が、原発推進責任を取る日が近づいている


この記事、10日に書いてあったものなんですが、その直後に、ネットに存在しない人から(パソコンあまり使わない人、ブログなどのツールを持たない人の意)

全ての政治家、総入れ替え

なんて言葉をききました。

集合意識で決定したことって、直接話をしなくても確実に伝播していますよね。


国民主導の政治に変わっていきつつあるのが、今なんです。


古い世界の人たちが原発なくなると電気が足りなくなるとか、データも出せないまま言い張っていますが、くれぐれもだまされませんよう。

使うべき電気は使って、無駄遣いはしない。

当たり前の自然界の摂理に沿った生活をすることです♪

ではどうぞ〜♪


---



さて、また次のメッセージが降りてきましたよ。

順番が逆だったんですね〜。

東電社長の責任を求めたり、役員の報酬カット、と、東電を責める発言は相次ぎましたが、肝心なところが抜けています。

そう、原発推進者たちの責任が全く問われていないのですね。

次はここにメスが入るようです(たぶん)。
誰がどうするかまではわかりませんが、国民が声を上げることも大切な行動の一つです。
突然、そうなるわけではなく徐々にそういう流れになっていくのか、突然そうなるのか。
といっても現実で誰も行動しなければ、進まないでしょうけど(^^;

あくまでもエネルギーの流れはそのような流れに向かっています。

原子力推進派の中心人物である中曽根康弘氏の責任と、自民党政権、自民党議員(政)と、霞ヶ関、特に旧通産省、旧科学技術庁(官)の推進2大母体、そして、パイプ役の電事連を中心とする、財界各企業体の3本柱の責任。

この人たちの報酬を全部カットしても多分生活には困らないので、その費用を回して増税はやめるとか。
今まで、人の命と引き換えにした原発マネーで沢山お金を吸ってきたのですから、吸いすぎた分を返していただいても良いですね♪

菅さんがいいとは思っていないけど、菅さんのリーダーシップを批判する前に、自分達が蒔いた種によって現在のように九州以北まで汚染され、北海道まで汚染されている状態、次にどこかで事故がおきたら日本全土が汚染されるわけで、そうでなくても世界には既に迷惑をかけている。
玄海原発の周囲の放射能の値が一時的に高くなったなんて噂も流れてる(噂ですけど)
いずれにしろ日本が置かれている危険は原発が全基廃炉になるまで続くという事だけは変わりません。

この責任を一番取らなければならない人たちは、誰でしょうか?
自分で考えて、行動してみて下さい♪

今はまさに古い世界の解体のとき!っていうのが目に見えて分かりますよね。
携帯は通じなくなるし(笑)、電車は故障するし、火山は活動し始めるし、色々興味深いったら・・・

あと難病を持っている友人は、地震波が未だに出ているということを体で受け取っていますね。
調子がおかしいので、未だに地震の影響があるのでは?と推測していました(笑)
私も最近パワーストーンに守って貰っているので、たぶん地震波なんだろうね〜なんて話していたけど。

自然界って本当にすごいですね〜
不便でもいっか!と今を楽しむようにすると、携帯がつながらない事によって私たちに伝えようとしていることがわかり、全部楽しくなりますよ♪
(私は今のところこれらにめぐり合っていませんが)

記事2つ転載しますので、次に何をすべきか良く考えて現実につなげてくださいね♪
一人ひとりの意志が大切な事はもう、言わなくても大丈夫ですよね(^-^)/

最近は、数例11 33 が頻発しています。新しい世界の始まり、叡智(を使った)完成、という意味なのかな。

素敵な一日を!


------------------------------
自民党は、原発推進責任を示せ!


http://blog.goo.ne.jp/update_2010/e/b66c307e2b541acd8ba8bae8648d262a

日本WATCHAING / 2011-05-26


この所、自民党に対する「原発推進責任政党&政権」への風当りが、やっとボチボチ見かけられ、耳にするようになりました。

何といっても、原発を押し進め、あらゆる反対運動や反対研究者の声や活動を、「金」と「権力」のフルパワーで止めてきた中心が、いわゆる自民党政権、自民党議員(政)と、霞ヶ関、特に旧通産省、旧科学技術庁(官)の推進2大母体、そして、パイプ役の電事連を中心とする、財界各企業体の3本柱です。

特に、自民党は、自らの過去をふり返り、原発推進をしたいがために、こうした事態を起こした、責任者の一端、いや中心者として、まず謝罪があってしかるべきです。
なぜ責任をあいまいにし、現政権をいたずらに批判し続けられるのか、全く世の中をナメています。
また、この自民党を支持してきた、そして今も支援する人も私は責任者の一員だと思いますが、いかがでしょう。

選挙で徹底的に痛めつけ、解党をさせませんか? 自民党。原発責任を取らせましょう。

全議員にアンケートを。踏み絵というか、踏み原発。これも早くやりたいものです。

原発賛成派が、それでも日本でまだ39%だそう。これが私には信じられません。そこで、今、「反原発新聞」の発行を考えています。

ご協力下さる方、ご連絡を。実名でお願いします。
柴田敬三まで。 shibata@honnoki.co.jp


柴田敬三(Updateブログマガジン編集長)

------------------------------
原子力推進派の中心人物である中曽根康弘氏がもたらした結果を見つめて 東電とJAL−企業体質と政治家との関係 青山透子


http://www.magazineland.jp/tenkuu/?p=140

大震災から1カ月が過ぎてもまだ放射能汚染は続いています。

連日、顔なじみとなってしまった原発状況説明者の顔を見ていると、JALと東電の似た様な企業体質と会社の成り立ち、政治家との深いかかわりを比べざるをえません。

さらにチェック機能が働かない経済産業省の中にある原子力保安院の人達と運輸省(当時)と深くつながっていた事故調査委員会の人達もまったく同じように見えてきます。

新聞一面に並ぶおびただしい数の死亡者名簿やお棺が並んだ体育館も26年前を彷彿とさせ、死者、行方不明者の膨大な数を前にして思うことは、3月11日以前に、日本という国に亀裂が走り、国土が動き、大津波が押し寄せ、さらに放射能汚染に脅かされる日々を送るとは、一体誰が想像できたでしょうか。

原発の事故は人災であり、危険性は十分認識されてきたということを科学者たちは語っています。津波への対応が必要であるという論文が発表されていた事実も次々わかってきました。

新聞を逆読みしてみると非常によくわかりますが、ニュースや解説者の楽観的なコメントは一体何だったのでしょうか。

中には、原発推進派議員やそれと親しい作家、ジャーナリスト、研究者などは大人ぶった正論のように、

「今は責任を追及する時ではなく、みんな一体となって頑張ろう!」的な発言をしていますが、責任は今追及せずにいつするのでしょうか。さらに責任の所在を追及しないから危機的状況の今があるのでないでしょうか。責任とは原因究明に不可欠なものです。

プロの仕事をする人間たちは、責任を背負っているからプロなのです。それは顔つきにも十分現れてきます。テレビで見ていれば、誰が本物のプロか、一目瞭然だと思います。

責任を負うべき人間が責任を負わずに、都合のよいように曖昧にしてきたつけが今、全国民の生命を危機に陥れているのであり、さらに放射能汚染で世界中に迷惑をかけているのです。

皆さん、市民が力を合わせて頑張ることと、責任ある立場の人間が責任を逃れることは別ですから、騙されないようにしましょう。

JALの事故原因も26年経っても明らかにされていないのですから、これがいい例です。

原発推進派議員として一番先にあげられるのは中曽根康弘氏です。

昭和29年(1954年)に初めて原子力予算を計上させて、その後原子力関連の小委員会等で委員長を務めてきたのも中曽根氏です。

さらにカーター政権で後退した原発関連事業は、レーガン時代に原発推進へと変わり、それを一緒になってやってきたのは中曽根氏ですから、JAL事故当時の1980年代はまさに原発推進の日々でした。

ちなみに中曽根氏の娘婿の鹿島建設が福島原発建設を担当していますし、御巣鷹山の真下にある東京電力神流川水力発電所も鹿島建設です。元首相の地位を利用して鹿島建設に仕事を割り振っているといわれても反論する余地はないと思います。公共工事ではないからとか、一私企業だからという言い訳はききません。

それにしても、推進派として今になってこのような事態になったことをどう思って見ているのでしょうか。この期に及んでも、自分が日本経済や石油資源のない日本にとって良いことをしてきたのだと自負しているかもしれませんし、テレビにちょこちょこ出て、その存在をアピールするのが関の山かもしれません。しかし、こういうのを老害というのではないでしょうか。

未来は若者に任せるべきであり、これからの新しい日本を背負う人々へ不都合な事実を隠すべきではありません。

それにしても、東電社長が謝罪して歩いている姿とJALの事故後に謝罪して回った高木養根元日本航空社長の顔もダブってしまいました。不透明で責任感のない経営と企業体質は同じだとわかりましたし、画面を通じても形ばかりの言葉で心がまったく伝わってきませんが、その影で、責任転嫁をしている中曽根氏のような政治家たちも一緒に頭を下げて回るべきではないでしょうか。

 

私の脳裏には、科学者の目で原発を見つめ、市民一人一人がもっと知力を身につけて生き抜く必要性を説き、原発依存へ危機感を抱いてきた故高木仁三郎氏の先見の明を大学院で学んだ記憶が蘇りました。

一人ひとりの小さな力を集めて、大きなパワーとする必要が今こそあるのではないでしょうか。私はそういう人たちと一緒に、大震災後の新たな日本のあるべき姿を見つめていきたいと思います。

参照:

高木学校http://takasas.main.jp/

「原子力資料情報室」http://www.cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=1022

「全国放射能情報」http://atmc.jp/

文部科学省原子力開発の推移



http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpaa196501/hpaa196501_2_020.html

昭和39年原子力小委員会議事録



http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/046/0076/main.html

日本の原子力政策についての論文(独立行政法人経済産業研究所)



http://www.rieti.go.jp/jp/publications/pdp/09p002.pdf


-----------------------------------
 

世界平和 | comments(0)
Comment












CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

COMMENT
  • きちんと体を感じて生きる〜子どもに牛乳を飲ませたくないママパパへの処方箋・完結編
    miya (03/20)
  • きちんと体を感じて生きる〜子どもに牛乳を飲ませたくないママパパへの処方箋・完結編
    miya (03/20)
  • きちんと体を感じて生きる〜子どもに牛乳を飲ませたくないママパパへの処方箋・完結編
    チャド (03/20)
  • なぜこの世界は「幻想」なのか?:その2
    吉野@エネルギー (09/10)
  • 牛乳・乳製品の害〜やめて初めて分かること
    戦後史の激動 (08/29)
  • Which is better? Kind of Reiki /レイキの流派、どれがいい?
    miya (03/03)
  • Which is better? Kind of Reiki /レイキの流派、どれがいい?
    ミーナ (03/03)
  • Which is better? Kind of Reiki /レイキの流派、どれがいい?
    ミーナ (03/02)
  • 肉食を減らす方法ーその1−
    miya (02/19)
  • 肉食を減らす方法ーその1−
    miya (02/19)

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3




  • リコネクション―人を癒し、自分を癒す

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea