メイクセラピー・美肌洗顔・レイキ・カウンセリングetc.様々な手段を駆使してあなたの魂が他の魂と「共鳴」するレベルを目指し開放していきます。体(顔)・心・魂・エネルギーを調和へ導きミラクルな日常へシフトしたい人の場所→http://sei.sunnyday.jp/
覚醒は、もはや目指すゴールではなくなった
 以前はこういうことは「ミラクル」だったかも知れない。

たとえば、

・息子がトイレー!と、横浜の港町のど真中でトイレなんかあるかなーー?と左を向いたら道路脇に公衆トイレがあった。
すぐ車を止めて行ったら、お昼にたっくさん飲んだジュースのせいか、小さな体に不似合いな量のおしっこが出て(笑)、事なきを得ました。
(あぶなかった〜!)なんでトイレを思うだけで横にトイレが出てくるんだろう?(笑)<元からあったんですけど。

・前からほしかったのですが、とあるアイテム。1個買ってとりあえず試したらよかったので買い足そうとホームセンターへ走っていったら、ソレに手が届くか届かないかの時、3つだけ残っているのを発見!
2つほしかったのでピックアップしようと思ったら、他の方が1つを持っていき、残り2個に!
無事2つをゲット。
(あぶなかった〜!スレスレ〜!)
あとで気付きましたが、最初に買った時の半額になってました!!ラッキー!


・久々にジジババとランチ。激混みの歩行者天国の中、すぅーっと通って空いている中でランチ出来、食べ終わる頃混んできました。
(まともに通れないほどの人ごみだったのに)

・上の息子の外遊びが激しく(子供としてはとても健全で普通だけど)木の枝に引っ掛けたの転んだのといって、Tシャツがビリビリに・・・
なんだか「かわいそうな子」みたいなので、2枚くらい買うか・・・と○トーヨーカドーに入ったら(めったに入らないのに)娘の靴下まで半額になっていていっぱい買えた♪
レジに行く途中に、私に最適なバッグが目に入る!!
普段この手のお店では買わないのですが、なかなかいいじゃない?しかも3000円を切る値段(笑)。
何も考えずにお財布を見たら、1000円残ってました。
なんで千円残ったのかしら?と思ったら、電車のチャージ料が必要だったのを忘れてました。
(あぶない〜!!気付かないで使ってたらお巡りさんにお金を借りなくてはならない所でした(^^;)


こういうことは、一年前だったら「私にもミラクルが起こってる!」なんて喜んでいた現象ですが、

いつも必要な分だけぴったり得られる

というのは日常になっていますね♪


なっていない人は、葛藤を手放せていないので波動が低い状態です。

でも、波動(エネルギーレベル)が低いからといって自分を卑下したりは決してする必要はありません(むしろしないほうがいい)。

今学ぶべき事を見せられている、という現象がそれなので、自分で見て葛藤を手放していく、そのためにある現状なのです。

あ、今低いなぁって自分が分かればOKなのです(笑)

それが覚醒した状態。

覚醒とは、聖人君子になる事ではなく、全ての葛藤から自由であることなんです。

あ、私すっごいむかついてる〜

とか

怒ってる!!

とかに常に「気付いていられる」状態ですね。



覚醒状態に近い人は、例えば胃が痛くなったら「あ、私何がいやなんだろう?」と、体に聞いて自分が何を拒否していたのかを知ることが出来、そのままの状況を続けるのか辞めるのかを選ぶことが出来ます。

覚醒からもっとも遠い位置にいるネガティブエネルギーにまみれている人(葛藤に支配されている人)は、自分がなぜ病気になったのか理解出来ない し、自分が病気を生み出した事も理解出来ないし(生まれつきの重い病気などは魂のレベルで決めている事なので現時点でも魂の目的が実感できない人は多い気 がします。ここで言っているのは軽い不調のことです。)
そして、怒っている時も、自分の内側の何が投影されているのか、自分が内なる自分のどんな感情に反応したのかすら気付く事もない。
分かりやすいのが「俺を怒らせたお前が悪い」ってパターンですね。
怒っているのは自分であって、相手はあなたの手放すべき葛藤を映し出しただけの現象です。この視点が全くない状態。
今この状態だと、これ以上波動上昇すると自分の中で迷子になりおかしくなってしまうかも。
夢の中って自分の行き先がコントロールできませんよね?あの状態を浮かべると分かりやすいです。

そして、中途半端な位置にいる人たちは、知識は沢山もっているので、こういった文章を読むと反応して喜んで賛同してくれますが、
実は自分が「何にも分かっちゃいない」事を受け容れることが出来ず、怖がっていることすら気付くことにフタをしています。
なので、気持ちよさそうな事を言ってくれる人の言う事を検索しまくって追い続けます。自分の言葉を聴くことがないので、追う人の質が悪いとおかしくなります。追う人がたまたま質の良い人であるとおかしなことにはなりませんが、気付くかどうかとは別です。
やはり自分で気付かなければならないのですね。

私も何にも分かっちゃいないんですが(笑)
違うのは、それでいいじゃんっていう腹をくくっているかいないかです。


話は変わって、あるアカシックリーダー(アカシックレコードを詳細に読める人)に貰ったメッセージが目に入ってきました。
昔見たので覚えていたはずだけど、あらためてみると新鮮!
こんなことが書いてありました。

「2011年の夏ごろがキーポイント。

 目が覚める、つまり、覚醒して葛藤に自分を支配させずにいられるようになった人は、思考が現実化する事実に気付くことでしょう。
 
 水が汚染されて飲めなくなって来ます」

全てはここには書けませんけど・・・

水の汚染は気にしていたつもりでしたが中国かどこか、環境破壊という形で起きると思い込んでいました。

まさか、日本から!しかも放射能汚染なんていう、取り返しの付かない汚染だとは!!思いつかなかった(泣)

でも、ここまで背水の陣にならなければ、人は真剣に動こうとしないものね。これも私たちが決めてきたこと。
やるしかない所に来ている。

アカシックレコードに書いてある事は、もちろん実際に起きた事の記録だから正しいのだけど、私たちの感知の仕方と少し違います。
時間と空間の制限を受けた世界で暮らすことは、集合意識が合意しているから現実となっているだけで、実際には、多くの未来も過去も現在も、同時に点在しているからです。
だから、実際に既に起きている未来も沢山の点として既に存在しているので、一つの未来に必ず到着するわけではないということ。

レイキの講義を受けられた方には、昔からお伝えさせて頂いていますが、どんな未来でも自由自在なんだということ。
アカシックに書いてあるから、もう決まったことしか起こらない、じゃあ何をしても無駄じゃん、という事ではなく、未来も数え切れないほどの出来事が同時に点在しているんです。
行動したらした分、パラレルワールドの未来に接続される。何もしなかったらしなかったなりの世界に繋がる。

さて、私たちはこのまま沈没する道を選ぶのか、水が溢れる最期の一滴で止めることが出来るのか。
それも、今をどう生きるか次第。

全て神仕組みですね♪

そんなわけで、覚醒とか浄化は、もう終わって、共鳴していく時間軸に入っています。
これからも引き続き浄化は必要で、日々のお掃除のように普通にすることという位置づけです。

あと、すっかり忘れていたけど、やはり光の刻がポイントのようです。

12月くらいと言われていますが、その時にしっかり覚醒していること。
回りの現象に振りまわされないこと。

夢の中で自由に思うとおりの世界が描けるようになっていれば乗り越えられると思います。

無意識レベルでの真意と、顕在意識での真意を一致させておく練習です。
 

弥勒の世、世界の行き先 | comments(0)
Comment












CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

COMMENT
  • きちんと体を感じて生きる〜子どもに牛乳を飲ませたくないママパパへの処方箋・完結編
    miya (03/20)
  • きちんと体を感じて生きる〜子どもに牛乳を飲ませたくないママパパへの処方箋・完結編
    miya (03/20)
  • きちんと体を感じて生きる〜子どもに牛乳を飲ませたくないママパパへの処方箋・完結編
    チャド (03/20)
  • なぜこの世界は「幻想」なのか?:その2
    吉野@エネルギー (09/10)
  • 牛乳・乳製品の害〜やめて初めて分かること
    戦後史の激動 (08/29)
  • Which is better? Kind of Reiki /レイキの流派、どれがいい?
    miya (03/03)
  • Which is better? Kind of Reiki /レイキの流派、どれがいい?
    ミーナ (03/03)
  • Which is better? Kind of Reiki /レイキの流派、どれがいい?
    ミーナ (03/02)
  • 肉食を減らす方法ーその1−
    miya (02/19)
  • 肉食を減らす方法ーその1−
    miya (02/19)

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3




  • リコネクション―人を癒し、自分を癒す

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea